宮崎屋
季節の贈り物
創業慶応元年



伊賀戦国の世より伝わる「養肝漬」とは伊賀の特産「伊賀白瓜」の芯を抜き、刻んだしそ、生姜、大根、胡瓜等を詰め、たまり醤油に2年間しっかりと漬け熟成されたお漬物です。
「養肝漬」は、「肝を養う」という意味合いをもっており、始まりは「武士の肝玉を養う為に作られた」と言われています。
添加物などは一切使わず2年間漬け込むという、時間の長さが生み出す本物の味を楽しめる漬物です。


◆宮崎屋  上野市中町3017

ご注文ページ
パソコンからのご注文


スマートフォンからご注文






TEMIYAGE.COM
ひのな芭蕉漬
山紫水明の伊賀の国で丹精込めて栽培したひの菜をうす塩ぬかにて漬込んだ浅漬です。秋も深まり霜がひの菜の緋色をあざやかにする時まさに旬の味です。 直販期間11月より翌年3月まで承ります。




五香漬(イガヅケ)

しその実、しその葉、生姜、大根、きゅうりのきざみ漬、養肝漬の姉妹品として、たまり醤油にて熟成させました。 五つの香りと伊賀とを掛けた名産品です。



養肝漬 (写真は税抜き価格)

養肝漬のお召し上がり方

  • 薄く輪切りにしたものを、温かいご飯の上にのせ、熱いお茶を注ぎますと、おいしい養肝漬茶漬けの出来上がりです。
  • 又細かく刻んで、胡瓜もみにちらしますと、カッパ茶漬けとなります。
  • おにぎりにしてもおいしくいただけます。
  • 輪切りにした養肝漬をお碗に入れ、お湯を注いで即席の高級お吸物の出来上がりです。青い三つ葉や具を工夫して下さい。
  • 細かく刻んで巻きずしにご利用出来ます。
  • うどんやそばの味付けにもご利用下さい。
  • 熱々のご飯に細かく刻んだ養肝漬を混ぜ、味ご飯にどうぞ。
ひのな芭蕉漬

ぬか付ひのな芭蕉漬
上の写真は税抜き価格です。
ひのな芭蕉漬内容量

H150 600g
H200 880g
H300 1200g
H400 1480g
HST300 1200g
HST500 2080g
HN200 1100g
HN300 1800g
HN400 2700g
HN500 3600g
HN700 5000g
HN1000 7200g




単品
養肝漬(2年熟成)
国産(白瓜、大根、生姜)

原材料名
瓜、大根、生姜、しその実きゅうり
漬け材料(醤油、食塩、砂糖)
香料(しそ)
調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)
原材料の一部に小麦、大豆を含む